三鷹 武蔵野 吉祥寺 皮膚科 アレルギー科 女性医師 アトピー性皮膚炎 しみ・肝斑 ニキビ じんましん 水虫 単純ヘルペス しわ ピアス レーザー脱毛 とびひ

三鷹 皮膚科 アレルギー科

三鷹 武蔵野の皮膚科 アレルギー科 武蔵野皮フ科クリニック

診療時間:平日9:00〜12:00、13:30〜17:30|土日9:00〜12:00 休診:祝日のみ 土日も診察しています!

武蔵野皮フ科クリニック電話番号は0422-60-2856です。JR三鷹駅北口より徒歩3分

単純ヘルペスについて

単純ヘルペスはヘルペスウィルスに感染することにより起きる疾患です。主に口唇や性器にできる事が多く、医療従事者などは患部にふれる機会が多いため、指先などにできることもあります。

単純ヘルペスの症状

単純ヘルペスは何度も起きる可能性がある疾患です。

触るとピリピリとした痛みのある小さな水疱ができ、じくじくしたり、赤くただれるなどの症状が出ます。
これは皮膚に潰瘍ができている状態で、1~2週間ほど経過すると、かさぶたになって治っていきます。

また帯状疱疹もヘルペスウィルスによるもので、身体の左右どちらかの広範囲に症状が出ます。

なぜ単純ヘルペスになるの?

単純ヘルペスになる主な原因としては風邪、発熱などの他にも日焼け、不安、ストレスなどが考えられます。

単純ヘルペスのウィルスは人との接触により感染します。
ただし、普段は特別に悪さをすることはなく、神経細胞の中で眠っています。

しかし風邪などの様々な刺激により、身体の持っている抵抗力や免疫機能が弱まり、普段は身体に害の無いヘルペスウィルスが悪さをするようになります。
これにより症状があらわれてきます。

単純ヘルペスの治療

単純ヘルペスにかかった経験があると、なんとなく単純ヘルペスができそうだな、という前兆がわかる方もいらっしゃるでしょう。なるべく早い段階で治療を行い、ウィルスの増殖を防ぐことが大切です。

単純ヘルペスの治療には、抗ウィルス薬とよばれる薬を使用します。
これによりウィルスが増えるのを防ぐ効果があります。
塗り薬や飲み薬があり、症状にあわせて処方します。

早い段階の治療をはじめることで、短い期間で治ることが多い病気です。
また、接触により他人にも感染してしまう可能性もありますので、お早めにご相談下さい。

このページの上まで戻る